肩こりにも効果あり!?眼精疲労に効くツボ!

query_builder 2022/09/29
肩こり
眼精疲労

こんにちは!

星田駅から車で4分。

枚方市高田の鍼灸&ジムONE'Sの三木です。


目を酷使し続けることで、目の疲れやかすみ、頭痛などが睡眠や休息を取っても解消しにくくなってしまう眼精疲労。

ひどい場合だと頭痛や吐き気も伴います。


そんな眼精疲労に効くツボをご紹介します。


【目の周りのツボ】

1.睛明(せいめい)

目頭の斜め上で目が疲れたなと感じた時に手がいくところ。

左右のこのツボに親指と人差し指の腹を軽く当ててジンワリ押して下さい。

本当に当てる程度でも血流が良くなる感じがあると思います。


2.太陽(たいよう)

眉毛の外側と目尻の中間で少し後ろに下がったところ。

窪みになっている辺りを軽く押さえてみて下さい。

もうちょっと強く押したいなと思ったら、押さえつけるのではなく、当てた指を回すように動かしてみましょう。


3.魚腰(ぎょよう)

眉毛の中央で少し窪んでいるところ。

ちょうど真正面を向いた時に黒目の上に当たる部分です。

ここも指の腹を軽く当てて、ジンワリと圧を感じる程度で充分です。


4.四白(しはく)

真正面を向いて黒目の真下で小さな穴を指先で感じられる部分です。

指の腹を当てる程度に押さえましょう。



目の周りのツボは強く押しすぎると痛みが残りやすく、目がかすむこともあります。

優しく押さえて、血液が巡っているイメージ程度で充分です。

あまり効果を感じられない方はこのツボを意識しながら、ホットアイマスクなどで覆ってあげて下さい。

それだけでも血流改善が期待できます。


【目の周り以外からのアプローチ】

目以外の部分からもアプローチすることで、血流を改善する効果が期待できます。


1.風池(ふうち)

肩こりのツボとしてもよく使う点です。

首の真後ろにある大きな筋肉の外側で頭の骨の下。

骨や筋肉の感触が無くなった窪みの辺りです。


このツボは頭への血流改善効果が高いツボ。

頭への血流が改善することで、目にも栄養が届きやすくなります。


2.曲池(きょくち)

腕を曲げた時に親指側で、肘のシワの端。

視力低下にも効果のあるツボで、首の外側の硬さを取る時にも治療点として使います。

こちらも頭への血流改善として期待できます。


3.合谷(ごうこく)

人差し指の骨と親指の骨が交わる辺り。

人差し指の骨に向かって押してみて下さい。

万能のツボとも言われる合谷。

特に顔にまつわる治療にはよく使う点です。

肩こりの解消にも役立ちますよ♪



以上、眼精疲労を軽減するために使えるツボでした。

目の周り以外のツボは眼精疲労だけでなく、肩こりにも効果があります。

そもそも、肩がこって血流が滞ってしまうと、目に栄養が行かず疲れが溜まってしまいます。

たまにはパソコンやスマホを閉じて、ゆっくりと目を休めてあげて下さいね♪


次回は「冷え性」について!

夏もエアコンで冷えますが、これから冬に向けて更に悪化する方も多いはず。

少しでもお役に立てるようしっかりと書かせて頂きます。

お楽しみに♪

----------------------------------------------------------------------

鍼灸&ジムONE’S

住所:大阪府枚方市高田2-26-10 ザ・プランツ7号

電話番号:070-8499-3278

----------------------------------------------------------------------